DC カードの分割切替サービス「ゆと割くん」について

memo, creditcard, dccard

June 8, 2021

4月に申し込んだ DC カード発行の JAL カードで、あとから分割することを前提に6ヶ月分の電車の定期券を買いました。そして、DC Web サービスから分割への切替をできたのですが、ちゃんと手紙を読まないとびっくりする点があったのでメモしておきます。

要約

  • DC カードは「ゆと割くん」というサービスを使うことで、あとから分割払いに切替ができる
  • 切替をしても請求金額は変わらないが、引き落としの前日に切替をした分の金額が振り込まれる
  • 分割した金額は、使った月の翌々月から返済する

具体例

今回は5月に電車の定期券を A 万円で購入しました。その月には、それ以外に B 万円の買い物をしました。その月の請求額は A 万円と B 万円を足して C 万円になります。

ただし、A 万円を分割払いに変更しました。この場合、6月の引き落とし日の前日にいったんカード会社から A 万円が振り込まれます。翌日に C 万円が引き落とされます。A 万円は7月から指定した回数で分割して支払います。

本編

DC カードには「ゆと割くん」と呼ばれる、1回払いで購入した代金を後から3回以上の分割払いに切替できるサービスがあります。ちなみにリンク先は、よくある質問と併用しないと使い物にならないので読まなくていいです。

ただし、引き落とされる金額は変わりません。それでは意味が無いので、カード会社が前日に切替した分の金額を銀行口座に振り込むことで翌日の引き落としと相殺します。

では、いつ分割した金額を支払うかというと、そのさらに翌月の引き落としからです。つまり、5月に1回払いで購入してあとから分割に切替した場合、7月から支払いを開始します。

ちなみにこれらの内容は、ちゃんと DC カードからのお手紙に書かれているので読みましょう。さもなければ、なーのように慌てることになります。まあこんな面倒な仕様もなんとかしてほしいですが、難しいんでしょうね。

おわりに

手紙はちゃんと読みましょう。おしまい。